キッチンリフォーム 費用

キッチン収納リフォーム

古いキッチンは収納スペースが細かく別れていなかったり
デッドスペースが多かったりと、収納面でも機能的に劣ります。

 

最近のキッチンは狭いスペースでより多く効率的に収納できる設計になっているため
収納部分を取り替えるだけでも、キッチンの使い勝手は大幅に改善されます。

 

ここではリフォームでキッチンの収納スペースを効率的に利用する方法を紹介します。

 

収納力よりも使い勝手、取り出しやすさを重視

せっかく収納したものも、目につかないために忘れ去られ使わないまま期限を迎えたり、
肝心の時に見つからない事も珍しくありません。

 

また収納力ばかり高いと、無駄なものを溜め込んでしまいがちです。

 

大切なのは収納力よりも、取り出しやすさです。

 

取り出しやすく、見やすい収納だと、探す手間や取り出す手間だけでなく
片付ける手間も省けるため、使いやすいキッチンとして一役買ってくれるでしょう。

 

家電は使いやすさを重要

炊飯器や電子レンジの配置には気を使う方が多いですが
フードプロセッサーやホームベーカリー、ハンドミキサーなどは
仕舞い込むものだと考えてはいませんか?

 

家電は使ってこそのものです。

 

しまいこんでしまうと、取り出す一手間が面倒になったり、
忘れてしまったりして使用頻度が落ちてしまいます。

 

そのまま使用できる場所に収納するのがベストですが、
難しい場合は取り出しやすい場所、見渡しやすい場所、
使用箇所の近くなど、家電製品の収納場所を工夫してみましょう。

 

キッチンリフォームの費用

 

高いところ低いところ不便なところは使わない気持ちで

重い腰をあげて、キッチン掃除をする時は気にならない収納箇所ですが、
日常頻繁に利用してみると、高いところや低いところはとても使いづらいです。

 

1日の何度喪の作業の積み重ねで腰を痛めることもありますし、
なんとなく無意識的に使わなくなってしまいがちです。

 

高いところや低いところ、物の出し入れが不便なところは
日常品を入れる場所としては考慮しないようにしましょう。

 

物の出し入れが不便な場所は、年に一度使用するものや
使わないものを保管しておくスペースとして利用しましょう。

 

手軽にできるキッチン収納リフォーム

キッチンは細々したものが多く、作業スペースにも物があふれがちです。
そのため、キッチンの収納力を高めるだけでも、作業効率や快適さは大幅にアップします。

 

低予算でのキッチンリフォームというと、シンクや作業台をリフォームしようという方が多いですが
収納だけリフォームするという方法も一つの手です。

 

壁面を利用したキッチンの収納棚は各キッチンメーカーからも販売されていますが
収納スペースだけの交換の場合は、家具屋で購入することも可能です。

 

家具屋の方がデザイン力が高く選択肢が豊富ということで
キッチン全体のリフォームの場合でも、収納は別に購入するという方もいます。

 

キッチンリフォームの費用

@パモナウの食器棚

 

 

パモナウでは見てるだけで楽しくなるカタログが無料でもらえます。
希望の方はこちらのサイトの右上「カタログ請求」からどうぞ。


 

 

 

 

キッチン収納便利家具

ちょっとしたキッチン収納家具を購入することで、リフォームしなくても
驚くほど使いやすいキッチンに変わることもあります。
いろんな収納を見比べて、自分が欲しい収納のイメージをまとめましょう!

 

 

 

キッチンリフォーム費用を詳しく知りたい方には、

リフォーム費用の一括見積もりサイトを比較&紹介しているコチラ

がおススメです♪