キッチンリフォーム 費用

システムキッチン

最近の主流はシステムキッチンです。
そのため、リフォームを機に普通のキッチンをシステムキッチン
変更しようという方がとても多いです。

 

ここではシステムキッチンのポイント
リフォームの際の注意点をご紹介します。

 

システムキッチンとは

キッチンに必要な様々なユニットが一つになったものを言います。

 

具体的には、作業スペースに必要な機能を、
ユニットを継ぎ目のないカウンタートップで一体にしたものです。

 

より分かりやすく言うなら、シンク・コンロ・収納などがセットになっているものです。

 

 

システムキッチンへのリフォームのポイント

キッチンスペースを把握して、どんなレイアウトが可能かを知る。

アイランド型のキッチンで家族みんなでお料理…なんて夢を膨らませる前に、
現状のスペースでどのタイプのキッチンが設置可能かをまず調べましょう。

 

キッチンスペースが狭い場合は、I 型やL 型を
壁付けにした方がスペースを効率的に使えます。

 

予算に合わせてシステムキッチンの種類を考える

システムキッチンの商品は種類が豊富で料金の幅も広いです。
欲しい機能やデザインと予算をにらめっこする方が多いですが、
忘れてはいけないのが、キッチンリフォームの「工事費」です。

 

現在のキッチンと違う配置にして、給排水口や排気口を動かす場合は、
通常の設置工事以外に専門の工事が必要になります。

 

自分が使いやすい各調理器具の位置関係などはきちんとチェックしておく。

システムキッチンといっても実は自由に選べる部分が多いです。

 

システムキッチンだから、キッチンの種類とサイズと外観とオプションを選んで終了…
と楽だと思っている方も多いですが、実際はどこに何を配置して
というのは自分で選ばなければなりません。

 

特に希望を出さなくてスタンダードな配置にした結果、
使い慣れてたキッチンと配置が違くて苦労する…なんてことにならない為にも、
自分にとって使いやすいキッチン配置のイメージを明確に持ちましょう。

 

家電の買い替えを考慮

冷蔵庫や炊飯器といった備え付けできない家電に関しては、
システムキッチンを選ぶ際につい今あるもののサイズで検討してしまいがちです。
システムキッチンは後で一部変更…というわけにはいきません。

 

家電の買い替えも考慮して、家族構成の変化などに伴い、
後々大型冷蔵庫に買い換える予定がある場合は自由度の高いレイアウトにするなど、
考慮しておく必要があります。

 

先を見据えたレイアウトに

システムキッチンは前記したように、一度取り入れると一部変更…ということができません。

 

10年15年先を見越して、高齢になった場合に使いづらくないか、
危なくないかなども検討しておきましょう。

 

 

システムキッチンのメリット・デメリット

メリット

  • 掃除が楽!(継ぎ目がなく、コンロも平らなのでとにかく楽です)
  • コンロ・オーブン・備え付け食器洗い機などの機能が組み込める。
  • 全て組み込めるので作業効率がよい。
  • 天板がスッキリする。
  • 好みの色、配色ができる。
  • デザイン性が高く、おしゃれ。

デメリット

  • 普通のキッチンに比べると割高。

    (現在は安価な商品もある。オーダーキッチンの場合の方が更に割高になる。)

  • 備え付け器具の故障時、修理取り替えが面倒&高額。
  • 別売オプションが割高で、市販品では規格があわない。
  • (水切りプレート・まな板ハンガー・スポンジ入れなど)

  • 普通のキッチンからのリフォーム時には配置変更になることも。

    (工事費が割高になる)

  • コンロや食器洗浄機に規格があるため、他のものを使いたい時に組み込めない。

    (コンロを4口欲しいとか、大型食洗機を入れたいなど)

 

 

ページトップへ戻る

 

 

キッチンリフォーム費用を詳しく知りたい方には、

リフォーム費用の一括見積もりサイトを比較&紹介しているコチラ

がおススメです♪