キッチンリフォーム 費用

使いやすいキッチンとは

収納がしっかりあること。

最近のシステムキッチンは収納スペースが充実しています。
しかしその中でも、自分なりの使い勝手や手持ちの調理器具を考慮して、キャビネットのタイプや収納仕切りタイプをしっかり選びましょう。

 

図:収納の高さポイント

 

ワークトライアングルを意識する。

キッチンは長時間作業する場所なので、作業する際の距離や動きを、きちんと考えることが大切です。シンク・コンロ・冷蔵庫が特に重要で、このの3点を結んだ線をワークトライアングルと言います。

 

キッチンリフォームイメージ

 

このトライアングルの各辺が長すぎると動きに無駄が出ますし、短すぎると作業しづらくなります。
さらにこのトライアングルの近くに、食材や食器の収納、作業スペースなどを配置していくと、動きやすいキッチンが出来上がります。

 

この時、ゴミ箱の位置も忘れずに配置しましょう。
キッチンでは頻繁に利用するゴミ箱です。ゴミ箱が使いづらい位置にあると、ついゴミが散乱してしまうので注意が必要です。

 

生活スタイルや予算に合わせてキッチンのタイプを選ぶ

 

I 型

キッチンリフォームイメージ

長所

  • 数名で作業ができる
  • 需要が多いため種類が豊富
  • 安価な物もある

短所

  • 長すぎると使いづらくなる

※キッチンの幅を270mm前後に抑えるのがコツ

 

U 型

キッチンリフォームイメージ

長所

  • 動線が短く、作業効率がよい
  • 作業スペースが広い
  • 収納場所が豊富

短所

  • I型より割高
  • 振り返って作業するので好みが別れる

※2名で作業する場合は2列の間隔は1200mm程、必要。

 

L 型

キッチンリフォームイメージ

長所

  • 動線が短くゆったりと効率的に作業できる
  • スペースが広く取れる

短所

  • コーナーがカウンター&収納共にデッドスペースになりがち
  • 副数名では作業しづらい

※対面式やオープンキッチンによく用いられるタイプ


 

コ 型

キッチンリフォームイメージ

長所

  • 動線が短く作業効率がとても良い
  • 収納スペースが広い傾向あり

短所

  • デッドスペースになるコーナーが2つある

 

 

 

アイランド型

キッチンリフォームイメージ

長所

  • 大人数で作業ができる
  • 作業しながらコミュニケーションが取れる

短所

  • 設置には広いスペースが必要
  • 作業台が丸見えなので常に気を使う
  • 見える部分が多い=化粧板利用スペースが多い
  • 本体価格が高額
  • L型よりも割高傾向

 

 

カウンターを広く取れるよう工夫する。

キッチンの作業スペースとしてカウンターが広いと、何かと便利です。
キッチンスペースが限られていてカウンターが広く取れない場合は、収納を工夫して実際の使用時にカウンター上に物が散乱しないように気をつけたり、
シンクの大きさを考慮することで、カウンターを広くすることができます。

 

 

 

システムキッチンは大まかなパーツが決まっていますが、その各パーツは自由に組み替えられる場合もあります。システムキッチンを選ぶ際は、つい機能や外観、メーカーに気を取られがちですが、調理家電をどう配置するか、冷蔵庫をどこに置くかなどで、キッチンの使い勝手は大きく変わってきます。
 細かな点に目をやる前に、全体の大まかな配置や構想をまとめておきましょう!


 

 

ページトップへ戻る