キッチンリフォーム,費用

キッチンの床リフォーム

キッチンリフォームー床の素材

キッリンリフォームの際に、床材で迷う方は多いです。

 

システムキッチンだけを取り替える場合なら、
キッチンのサイズが変わらない(もしくは大きくなるだけ)であれば
床も一緒にリフォームする必要はありません。

 

 

しかし、新しいキッチンのサイズが元のサイズより小さくなる場合や
キッチンの位置を変更する場合や、キッチンのタイプを変える場合は
床の一部を張り直さなければならなくなるため、
ついでにキッチンの床全体をリフォームする方は多いです。

 

 

キッチンの床は汚れや水に強くある必要があります。
また、滞在時間も長い場所なので、耐久性や床の硬さ(足の疲れに影響がでるので)も
できれば考慮したいところです。

 

また、一般的なリフォームにおいても、床材は室内の印象を大きく左右するため
どんな色や素材を選ぶかは非常に重要になってきます。

 

ここではキッチンの床についてまとめました。

 

床の種類と特徴

 

床の種類

  • フローリング
  • クッションフロア
  • タイル ホモジニアス系塩ビタイル
  • プラスチックタイル
  • コルク

 

キッチンの使用頻度や家族構成、個人の性格(マメに掃除するタイプかどうか)
などを考慮して、自分にあった素材を選ぶようにしましょう!

 

キッチンの床素材別特徴

 

キッチンの床素材メリットデメリット早見表

 

  メッリト デメリット
フローリング

★見栄えが良い
★リビングダイニングと一緒になっていても違和感がない。

★継ぎ目や木目にゴミが入る。

フローリング(無垢材)

★見栄えが良い
★リビングダイニングと一緒になっていても違和感がない。

★継ぎ目や木目にゴミが入る。
★水が漏れる
★簡単にシミがつく。
★床に染み込んでしまう。
★お手入れが面倒。

クッションフロア

★防水性が高い
★掃除がしやすい
★やすい
★張り替えが簡単

★見栄えが良くない・安っぽい?
★ダイニングやリビングキッチンには向かない
★傷がつきやすい・凹みやすい
★色移りしやすい(表面に濡れた色箱とか置くと、色が移ってしまい取れない
★通気性が悪い

ホモジニアス系塩ビタイル

★掃除がラク
★種類が豊富。模様が選べる
★クッションフロアに比べると安っぽさがない。

★冷えが気になる(サーモタイルで解消)
★長時間の立ち仕事だと足が疲れやすい(素材が硬いため)

 

フローリング

キッチンリフォームー床の素材

  • 現在はこちらが主流。
  • フローリングと一言で言っても、無垢材か、表面コーティング済みかで全く別物となる。
  • 大工が担当。

 

クッションフロア

キッチンリフォームー床の素材

  • 一昔前はこちらが主流。
  • 内装屋が担当。
  • 塩化ビニル樹脂。

 

 

 

 

 

クローズドキッチン(独立型のキッチン)の場合は、上記の中から床を自由に選べますが、オープンキッチン(キッチンとリビングやダイニングがつながったキッチン)では、リビングやダイニングの床の素材とキッチンの床の素材を別にすることが難しく統一感がなくなってしまうため、全てに同じ素材を使う場合が多いです。