キッチンリフォーム 費用

ステンレスキッチン

スレンレスキッチンというと、ステンレスのシンクはもちろん、収納面(キャビン)の側面や底が
ステンレスなのが特徴です。

 

キャビンにステンレスを使用することで台所特有の落ちにくい汚れも簡単に落ち
匂いや素材の痛みの心配もありません。

 

ステンレスキッチンと一言で言っても、
実際にはどこをステンレスにしているかが商品によって異なります。

 

ステンレスキッチンと銘打った商品の場合、大半が
キャビン部分にステンレスを使用しています。

 

しかし、キャビン部分といっても、引き出し底板だけがステンレス、側面までステンレス
といった風に、商品によってステンレス部分にも差があります。

 

そのため、どこまでステンレスを希望するかを事前に考えて
キッチンを選ぶと良いでしょう。

 

ステンレスキッチンの特徴

メリット

  • 丈夫でサビにくい。
  • 汚れに強い。(汚れが染み込みにくい。簡単に拭き取れる。)
  • 臭いに強い(臭いがつきにくく残りにくい。)
  • 耐久性に優れている。(熱に強く劣化しにくい。)
  • シックハウス対策にも有効(有害なホルムアルデヒドの発生に敷くい素材)
  • スタイリッシュでプロっぽい。

デメリット

  • 水滴の跡がつきやすいので、掃除が大変。
  • 水の音が響くのでうるさい?(クリナップ。美・サイレントシンクなら安心)
  • 一般的なキッチンに比べて割高。
  • ステンレスのシンクは一つ一つ作製する必要がるため量産には向かない反面、オーダーメイドに対応できるなどの利点もあります。

 

表面加工の種類

ステンレスの表面加工には種類があります。
表面加工の種類によって見た目のイメージや表面の性質も異なってきます。

 

ヘアライン

細い線の模様が連続して入ったステンレス表面加工。シャープでモダンな印象。

バイブレーション(パーマネントヘアライン・ランダムヘアライン)

パーマヘアのような円弧状の研磨目が入ったステンレス。ヘアライン仕上げより割高。

エンボス仕上げ

凹凸のある表面仕上げ。凹凸の影響で傷が目立ちにくいと一昔前にはよく利用されていましたが、凹凸部に汚れがつきやすいため今ではあまりみなません。

コイニング仕上げ

ステンレスの輝きを保ちつつも傷が目立ちにくい仕上げ。

 

キッチンリフォーム費用

  c 文化シャッター 快適空間設計工房

 

ステンレスキッチンのメーカー

クリナップ

クリナップはステンレスキッチンの老舗メーカーで、ステンレスキッチンと言えばクリナップ
と思う方も多いほど、ステンレスで有名なメーカーです。

 

S.S.

ステンレスキッチンに極限までこだわったS.S.シリーズは根強い人気があり
主婦の憧れのキッチンとも言えます。
キッチンリフォーム費用ーステンレスキッチン
構造自体がステンレスなので側面や底面、レール受けももちろんステンレスです。
ステンレスの中でも特に優れている18−8ステンレスを使用。
プロ感覚の本格機能を搭載しています。

 

クリンレディ

高価なイメージのステンレスキッチンをお手頃価格に抑えたクリンレディシリーズは
他のシステムキッチンの料金とも大差がないのがポイントです。

 

洗練されたデザインの上に機能的なとってもクリン排水口つきのシンクや
キズが目立ちにくいドット柄コイニング加工が施されたステンレスワークトップといった
主婦にうれしい工夫が施されているのも魅力です。

 

キッチンリフォーム費用ーステンレスキッチン

 

構造自体がステンレスなので側面や底面、レール受けももちろんステンレスです。
更にステンレス引き出し底板やステンレス扉を選ぶこと(要追加料金)もできます。

 

LIXIL(リクシル)

元サンウェーブを取り込んだ大手メーカーのリクシルでも、
ステンレスキッチンの商品があります。

 

サンヴェリア(リシェルSI)

キッチンメーカーならではの、らくパッと収納やひろびろシンク、くるりん排水口など
便利な機能も魅力です。

 

キッチンリフォーム費用ーステンレスキッチン

 

ワークトップ、キャビネット、引き出し底板だけでなく
更に引き出しやフロアコンテナの前板までステンレスを使用。

 

エイダイ

エイダイからもステンレスのシステムキッチンが販売されています。

 

エイダイは元は建具で有名なメーカーなためキッチンは知らない人も多いですが、
自社で生産しているためコストが抑えられている(料金が割安)なのが魅力です。

 

更に、大手ハウスメーカーのキッチンを受託製造しているため、製品には信頼が持てます。

 

ピアサスS-1ユーロモード

キッチンリフォーム費用ーステンレスキッチン
ワークトップ、キャビネット、引き出し底板はもちろん、レール受けや補強金具まで
ステンレスにこだわっています。

 

ゲートスタイルキッチンS-1

ワークトップ、シンク、フレームにステンレスを使用。

 

ナスラック

 

知名度は低いものの、クリナップ同様ステンレスキッチンに強いメーカーです。

 

製品の質としては定評がありますが、クリナップなどに比べると規模が小さいため、
購入後の対応やメンテナンスに不安を感じる方もいます。
また縮小傾向のメーカーともいわれているのも、気にする方は気になる点でしょう。

 

しっかりステンレスなので安心できる反面、料金は高めです。

 

機能がシンプルなので、システムキッチンに求められるちょっとした排水口の位置や構造などでは、
大手のシステムキッチンメーカーに比べて劣るという印象があります。

 

セスパ

ナスラックの最上位ステンレスシステムキッチン。

 

キッチンリフォーム費用ーステンレスキッチン
ステンレスの中でも特に優れている18−8ステンレスを使用。

 

パゼロ

ステンレスをリーズナブルな価格で提供するために作られたキッチン。
デザイン性と使いやすさを追求しています。

 

キッチンリフォーム費用ーステンレスキッチン
キャビネットの土台にステンレスを使用しています。
シンクもオールステンレス。

 

ベルフラワー3

 

キッチンリフォーム費用ーステンレスキッチン
標準仕様は木製キャビネットですが、18−8ステンレスキャビネットにも変更可能です。

 

 

 

 

キッチンでの耐久性や掃除の簡単さ、衛生面などからステンレスのシステムキッチンは根強い人気がありますが、ホーローキッチンでも同じような長所があるため、ステンレスキッチンとホーローキッチンで悩む方も多いです。
 ホーローと言えばタカラですが、デザインが個性的なため、好みが分かれるメーカーとも言えます。それでも、ホーローキッチンもチェックしてみる価値大です。


 

ステンレスキッチンは他にもサンワカンパニーや松岡製作所、ドイツのポーゲンポールなど
様々なメーカーで商品が用意されています。

 

しかしその他のメーカーの場合は、オーダーメイドキッチンだったり、マイナーだったりするため
おおよそ、こちらのページで紹介したステンレスキッチンメーカーを押さえていれば大丈夫です。

 

 

キッチンリフォーム費用を詳しく知りたい方には、

リフォーム費用の一括見積もりサイトを比較&紹介しているコチラ

がおススメです♪