キッチンリフォーム 費用

キッチンのシンク(流し台)

キッチンのシンク(流し台)はキッチンの中でも重要な役割を果たす場所なため、システムキッチン選びの大きなポイントになる部分です。
ここではシンク(流し台)の種類や特長などを紹介します。

 

シンク(流し)の素材

 

人工大理石(樹脂系シンク)

くアクリルやポリエステルといった樹脂からできています。

  • アクリル系とポリエステル系があるので注意。
  • アクリル系の方が質が良い。ポリエステル系は安価。
  • 変色・変質しない。
  • 硬いため食器が割れやすい。
  • 漂白剤がステンレスよりも浸透しやすいため多用できない。
  • 小さい傷がつきやすいものの、傷自体は目立ちにくい。
  • 同じく人工大理石の天板と一体で作られるため、天板とシンクの間に隙間がない=手入れが楽で衛生的。
  • 色が豊富なので、明るい色を選ぶとキッチンが明るくなる。
  • さびない。
  • 汚れても削って磨くことで、綺麗にできる。
  • 高熱に弱い(うっかり熱い鍋を直置きしそうな人は要注意。)

 

ステンレス

  • 耐熱性・耐久性・耐摩耗性に優れる。
  • 衛生的で手入れも簡単。
  • 弾力性があるため食器を割ることが少ない。
  • 継ぎ目部分の汚れがきになる。
  • 汚れが目立つ。
  • 長期的に見たときの評価は高い。
  • 衛生的で綺麗に使える。
  • 料理好きならステンレス。
  • 低コスト。
  • スチール製品を長時間放置すると錆がつくこともある。
  • 鍋を落としたときなどに凹むこともある。

 

ホーロー(鋳鉄・鋼板ホーロー)

鋳鉄もしくは鋼板にホーロー(ガラス質の釉薬)をコーティングしたものです。

  • 耐熱性・耐久性に優れる。
  • 色が豊富。
  • 鋼板ホーローの場合、ホーローが欠けてしまうと鋼板がさびて穴が空いてしまうことも。

 

 

 

人工大理石は生成に型枠がいるため、大量生産向けです。
 ステンレスは個別に作れるので、オーダーメイドにも対応できるため
レストランの厨房など業務用にはステンレスのシンクが今でも主流です。
 厨房のような雰囲気を出す場合などはステンレスがやっぱり人気!


 

 

メーカーによっては、その素材のデメリットをカバーした商品もあるので、「ステンレスだからどう・・・」とかって、一概には言えません。
 特にこれといった希望の素材がない場合は、素材の違いにあまりこだわらず、メーカー毎の違いをチェックするようにしましょう!
 逆にシンクの素材を決めている方は、そのデメリットを克服した商品を販売しているメーカーを見つけるようにすると良いですよ!


 

シンクの形状

シンクは広々とした方が使い勝手が良いという発想から、 幅も奥行きもあるシンクが人気です。
形状も様々で、長方形タイプや楕円形のタイプ、中央部分の奥行きを広くとったタイプ、かまぼこ型のようなタイプなどがあります。

 

シンク周りの小物

シンクは使いやすく広くとってあるものの、作業スペースが狭くなってしまう場合もあります。
そんな問題を解消すべく、シンクの上に洗った食器を並べられるラックや、まな板を乗せて作業ができる台など、便利な小物も各メーカーで用意されています。

 

まな板や洗剤、スポンジの収納場所も工夫されているのでチェックしましょう。

 

排水口

シンクと合わせてチェックしたいのが排水口です。キッチンの排水口はその他の排水口に比べて、たくさんのゴミがたまって水が流れにくくなるなどの問題があります。

 

そのため、排水口の設置箇所や構造、形状に様々な工夫が施されています。

 

排水口のお掃除の手間が省けると、毎日のキッチン作業が断然楽になるので、排水口の構造や工夫もしっかりチェックしましょう。

 

 

ページトップへ戻る