キッチンリフォーム 費用

高齢者のためのキッチンリフォーム

 

ポイント:安全面を最優先!

 

高齢者にとってキッチンは危険がいっぱいです。
ガスのつけ忘れや足元の荷物につまずいての転倒、吊戸棚収納物の落下や踏み台からの転倒など…例を挙げだすと切りがありません。

 

そんな中で一番気をつけたいのが安全面です。
できる限り危険を排除した工夫が必要となります。

 

コンロ

消し忘れを防止したり、衣類に引火する事故を防ぐためにガスコンロからIHヒーターに変える方が増えています。
しかし使い慣れていないIHヒーターへの変更に大きなストレスを感じる方もいるので注意が必要です。
また、IHヒーターでも火が見えないことで、うっかり高熱鍋を触ってしまうという事故の危険があるため、
どちらが良いかは十分検討するようにしましょう。
消し忘れに対する安全装置はマストです。

 

高さ

高齢化に伴い、身長も低くなる傾向があります。
以前は使いやすかったワークトップの高さが合わなくなり、足腰への負担の原因になることは少なくありません。
今の自分にとって使いやすいワークトップの高さにするように気をつけてください。

 

 

収納

低い位置の収納は出し入れの際に腰への負担が大きくなりますが、
高い位置の収納は収納物の落下や転倒の危険があります。

 

リフォームを機に、不要な荷物を整理して、できるだけ高い位置まで
収納を増やさなくて良いようにしましょう。(例えば、子供家族が遊びに来た際に必要な食器は、
手伝ってもらうことを前提に使いにく場所にしまうなどという工夫も必要です。)

 

それでも吊戸棚を設置する際は、自動降下式キャビネットなどがおすすめです。

 

快適に調理できる工夫

長時間の立ち仕事は足腰を痛める原因になりますし、それが元で料理が億劫になってしまうこともあります。
テレビを見ながらのんびり作業したり、座って作業できる配置や構造を工夫しましょう。

 

最近では車いす用に開発されたキッチンもあります。

 

他にも作業スペースの下をフリースペースとして確保できるタイプのキッチンもあります。
通常はキャスター付きの収納やゴミ箱を置いておき、椅子を使いたい際は引き出して座る…ということも可能です。

 

動きやすい動線配置

たかだか数メートル内の移動ですが、そんな小さな動きの積み重ねで
結構動く必要がでてしまうのがキッチンです。

 

一歩二歩の違いが積み重なって大きな違いに感じるので、動線はできるだけ短くしましょう。
更に動きやすさも大切です。足元のゴミ箱につまづいたり、買い物袋をつい床に置いてしまうことがないよう、
自分の動きをイメージしながらキッチンの配置を考えてください。

 

フローリンク選び

床も滑りやすい素材は避けるようにしましょう。
気づかないうちに水をこぼして、転倒する…という事故もあります。
また、掃除もできるだけ簡単な、汚れにくくて滑りにくい素材を選ぶようにしましょう。

 

 

掃除の手軽さ

高齢化に伴い、掃除の頻度も落ちてしまいがちです。更に視力の低下により、汚れに気づかないこともあります。
キッチンの素材は汚れにくく掃除の簡単な物を選ぶようにしましょう。

 

 

キッチンリフォーム費用を詳しく知りたい方には、

リフォーム費用の一括見積もりサイトを比較&紹介しているコチラ

がおススメです♪