キッチンリフォーム 費用

システムキッチンと作業スペースの配分

システムキッチンのサイズ

長時間立ち仕事をするキッチンは、
少しでも無理のある姿勢で作業すると疲れやストレスの原因になります。

 

少しでも楽な姿勢で作業できるように、
作業台の高さや奥行などを作業する人の身長に合わせて、きちんと選びましょう。

 

実際の使用感は、ショールームに行って確認するのが一番です。

 

ワークトップの高さ

理想と言われるキッチンの高さ=身長÷2+5 cm

キッチンリフォーム

 

最近ではさまざまな人の体型に考慮して、「肘の高さ-7cm」という計算式もあります。

 

しかし、高いほうが作業しやすい…など、人によって好みが分かれるので、
最終的には自分にとって使いやすい高さを選ぶことが大切です。

 

一般的には作業台(ワークトップ)の高さは85cmが主流です。

 

メーカーにより80cm、82cm、90cmなどの種類があり、
高さをより細かく調節できる商品もあります。

 

 

キッチンの高さはとても重要です。

 高すぎても、低すぎても、肩こりや腰痛の原因になります。
実際にショールームなどで高さの違いを体験するとよくわかりますので、一度は試してみることがお勧めです。その際は、必ず、靴を脱いで、室内と同じ足元で試してみましょう。


 

 

奥行き・・・手前、奥に広がる長さ

奥行きは60cm/65cm/70cmが主流です。

オープンキッチンの場合は広めで、75cm〜90cmです。

キッチンリフォーム

キッチンの状況や使う人の好みに合わせるようにしましょう。

 

最近では奥行きのあるキッチンが増えていますが、安易に奥行きを変更すると
「吊り戸棚に手が届かない」「水栓が使いづらい」など、不満の原因になります。

 

その他、対面式キッチンやアイランド型キッチンは、両側から作業することも考えて
奥行きを広めに確保した方が快適に作業できると言われています。

 

特に希望がない場合は、現在使用しているキッチンの幅を目安にすると良いでしょう。

 

  • 間口が取れない場合は、奥行きを長めにすると作業スペースが広がり、作業がしやすくなることもあります。
  • キッチン前にある出窓や(対面式の場合)カウンターなどに楽に手が届くのがベストです。

 

間口・・・横に広がる長さ

 

キッチンリフォーム

 

一般的な I 型システムキッチンでは、幅270cmが主流です。
 ※システムキッチンの間口は通常15cm単位で変動します。

 

キッチンの間口は全体の長さだけではなく、個々の配分も重要です。
作業スペースとシンク・コンロのスペース配分をどうするかで、作業効率も大きく変わってきます。

 

システムキッチンのタイプや型によって、作業のしやすい間口の長さは異なります。

 

間口は、長すぎるとそれだけ移動距離が増えてしまいます。
1mの違いでも一日の移動量として考えると大きな違いが出てきます。

 

ワークトライアングルの和も意識して検討しましょう!

 

システムキッチン(間口)の理想的な配分

作業スペースやシンクの大きさなどを考慮した、間口の配分です。。

 

システムキッチンの理想的なスペース配分

キッチンリフォーム

作業の流れに沿って、両サイドに準備スペースと配膳スペースがあるのが理想的な配分です。
この配分だとスペースに困ることなく、調理から配膳までを行うことができます。

 

最低限は確保したいスペース配分

キッチンリフォーム

スペースが取れない場合は、調理のスペースとシンクの大きさを優先して確保しましょう。

 

 

通路の幅

II 型キッチンや背面に収納がある場合は、通路の幅も重要になってきます。

 

一般的には85〜90cmなら振り向いて後ろに手が届き、
更に後ろを人が通ってもぶつかりません。

 

キッチンで作業するのが1人だけなら、幅は75cmあれば大丈夫ですが、
開き戸のユニットがある場合は、開く分のスペースも考慮しなければなりません。

 

2人で作業する場合は120cm程度確保したほうが良いでしょう。
※80cm以内だと圧迫感を感じ、140cm以上だと動きが多くなり、使いにくくなります。

 

一般的な通路の幅

1人で調理をする場合・・・90cm前後

2人で調理をする場合・・・120cm前後

 

 

 

  • 使う人に適切なサイズを選んで、使いやすいキッチンにしましょう。
  • 一般的なシステムキッチンは、基本サイズが決まっているのでその中から使いやすいサイズを選びましょう。

 

ページトップへ戻る