キッチンリフォーム,費用

キッチンのタイプと型について

キッチンのタイプとは独立したキッチン(クローズドタイプ)なのか、オープンキッチンなのかです。
型は、キッチン(システムキッチン)の形状のことをいいます。

 

キッチンのタイプ

まずは、キッチンのタイプを考える必要があります。

 

生活スタイルや料理に対する考え方に合わせて、オープンキッチン、セミオープンキッチン、
クローズドキッチン(独立型キッチン)のどれが適しているかを決めましょう!

 

オープンキッチン、セミオープンキッチンの場合は、
対面式にするかどうか
も考える必要があります。

 

独立型キッチン(クローズドキッチン) 

 メリット

  • 調理時の煙、匂いに気を使わなくてよい。
  • 作業中の汚れや散乱に気を使わなくてよい。
  • 調理等の作業に専念できる。
  • 料理重視派におすすめ。

 デメリット

  • ダイニングまでの動線が長く、配膳が大変。
  • 閉鎖的で孤立感がある。

 

オープンキッチン

 メリット 

  • 調理しながらのコミュニケーションが取りやすい。
  • 調理から配膳の動線が短く動きやすい。
  • 様々な角度から使用できるので複数で作業できる。

 デメリット 

  • 調理の匂いや煙がまわりやすい。
  • キッチンが丸見えになるので、常にきれいにする必要があり掃除が大変。

 

セミオープンキッチン(半独立型キッチン)

オープン型ほど見えすぎず、ダイニングとの動線も短いこのスタイルは現在主流になっていて、
特にマンションなどの集合住宅で人気です。

 

オープン型、独立型のメリットを兼ね揃え、デメリットを緩和しているのがポイント!

 

オープン部分の吊り戸棚をなくせば、より開放感が生まれます。

 

 

システムキッチンの型

 

システムキッチンにはさまざまな種類がありますが、大きく分けると5つになります。
ほかの形はこのタイプの変化形です。この5つのパターンに、キッチン様式のオープンクローズド
セミオープンかという選択肢が加わります。

 

※下記図解では、全て(セミ)オープンタイプの場合で紹介しています。

 

I 型システムキッチン
一般的なキッチンタイプ。
キッチンリフォームの費用 キッチンリフォームの費用

  • シンク・コンロ・作業スペースを横一列に並べたもの。
  • 作業スペースが長くなり、移動距離が大きくなりすぎると使いにくくなるので注意が必要。

    (キッチンの幅を270mm前後に抑えるのがコツ)

  • 需要が多いため、色や種類も豊富で価格帯の選択肢も豊富。
  • 比較低価格なものがある。

 

II 型システムキッチン
コンロとシンクが2列に並んだタイプ。
キッチンリフォームの費用 キッチンリフォームの費用

  • I型に比べて動線が短く、移動が少なくて済むので効率的に作業できる。
  • 振り返って作業するため、好みが分かれる。2名で作業しやすい。
  • また、シンクの真後ろにコンロがあると危険なので配置はずらすように!
  • 2名で作業する場合は2列の間隔は1200mm程、必要。
  • あまり主流ではないため、I型より割高な傾向あり。

 

L 型システムキッチン
シンク・コンロ・作業スペースがL字型に並ぶタイプ。
キッチンリフォームの費用 キッチンリフォームの費用

  • シンクとコンロがL字の各面に振り分けられるので、動線が短く、ゆったりと作業できる。
  • 対面式やオープンキッチンによく用いられるタイプでスペースが広くとれるうえに、導線も短く済むので人気がある。
  • コーナー部分のカウンター下収納にデッドスペースを作らないよう工夫するのがポイント。
  • 費用は高価格傾向。

 

コ 型システムキッチン
シンク・コンロ・調理スペースをコ型に配置するタイプ。
キッチンリフォームの費用 キッチンリフォームの費用

  • 作業効率にも優れ、キッチンスペースが広く、収納スペースも多い。
  • (コ型の中央は900-1200mm程度の狭さが動く距離を短縮できる。)
  • L型よりも普及していないので費用は更に高価格に。

 

アイランド型システムキッチン
島のような形で作業台が独立しているタイプ。
キッチンリフォームの費用 キッチンリフォームの費用

  • 周辺を自由に動けるので大人数で作業することができるため
  • 家族で調理を楽しみたい人やお料理教室などを行いたい人向け。
  • アイランド部分と周辺ユニットが分離しているため
  • 本体価格・リフォーム工事費共に高額。

 

A型システムキッチン
キッチンリフォームの費用 キッチンリフォームの費用

@http://www.toto.co.jp/products/kitchen/crasso/feature/10.htm

 

ホームポジションと呼ばれるコーナーの調理スペースを中心に
右にシンク、左にコンロという風に扇型に配置することで
キッチン作業時の移動や最小限に抑えることができます。

 

L型やU型ではデッドスペースと思われていたコーナーを
上手に利用するTOTO独自の新しい型です。

 

更に「TOTOクラッソ座ってラクラクプラン」(座って作業できるキッチン)も
A型プランにすることができます。→「A型座ってラクラクプラン」

 

 

使いやすいキッチンにするためのポイント

  • 作業の流れを把握し、動線設計を考えたキッチンにする
  • 収納を十分に確保する
  • ゴミの保管スペースも忘れずに確保する
  • 身長に合わせて作成する

 

ページトップへ戻る